スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出。

朝晩ずいぶんと涼しくなってきました。今日、久しぶりに靴下をはきました。
今日で夏も終わります。
夏休みも終わりです。
宿題は終わらせましたか?新学期のぞうきんはお母さんに縫ってもらいましたか?

夏の間は暑くってねえ、ヤル気も元気も出なかった。
南の国の人達が怠け者気質なのもよく分かるよ...。ほげ~。

秋物、順調とは言いがたいが進んでます。
シャツが出来上がり、スカートの構想で手こずってます。
頑張れ!オレ!ファイトだエミくん!
明日からは気を入れ直して秋モードで激製作だ!
オーエス!オーエス!
スポンサーサイト

夏の夢。

今日のエイリアンスラップ、女子たち、計画的に浴衣。浴衣祭り。
アタシも調子に乗って浴衣。みんなに褒められる。
せっかくカメラ持って行ったのに電池を忘れる。馬鹿か、アタシは...。
帰宅後、地元の花火大会に出掛けておったケージ旦那はリビングで爆睡(酔?)中。
せっかく「あ~れ~、ごむたいな~。くるくる。」ってやらせてあげたのに、ほどいた帯にまみれて更に爆睡。
翌朝聞いたらば何にも覚えてなかった。

男子の夢じゃないのか?
なんてもったいない...。

夜の部。 メガスター再び。

また観に行ってしまった。デラファンタジアのプラネタリウム。
前回見た手塚眞監修のヤツはすごいひどかったからね。あれほど手塚漫画がが邪魔に思えた事なんて無かった。
今回は週末プログラム「スターライトナイト2005」。音楽に合わせて見る500万個の星。
選曲はどうだか?って感じなんだけど、世の中のカップルにはこれくらいがちょうど良いのかもしれない。
お客もカップル率90%以上。みんなロマンチックに浸りたいんだね。

開演。だんだん暗くなる。
星がぽつんぽつん。そしてわらわら増殖。
わあ、すごいすごいすごいキレイ。気持ち悪いぐらい大量の星。!!
やっぱりすごいね。大平さんのプラネタリウム。
アレだけの大量の星は、双眼鏡で覗いてもシッカリ見えるそうだ。
一緒に行った友達は用意しておいて忘れてきた。ばかばか!

500万個の星を見ながらね、アタシだったらどんな曲かけようか考えてた。

・真心ブラザーズ / 流れ星
・ROLLING STONES / Ruby Tuesday~She's A Rainbow
・aztec camera / JUMP
・TOM WAITS  / ANYWHERE I LAY MY HEAD
・ホルスト / 組曲惑星より「木星」

平原綾香バージョンも良いが、原曲そのままあの場所で聴いたらさぞかしすごいんだろうな~。
組曲惑星を全部聴いてもいいけど、きっと「金星」で寝てしまうから。
それにしても「木星」聴くとホント燃え(萌えじゃなくって燃え!)ます。
大音量で聴くと鳥肌が立つよ~。

昼の部。ライフ・イズ・ミラクル。

待ってた待ってた!やっと名古屋に配給がまわってきたよ。
Emir Kusturica監督の『ライフ・イズ・ミラクル』。
名古屋初日の初回を狙ったんだが、映画館に着くやいなや「満席です。」と。がーん。
仕方ないので第2回上映のチケットを買い、時間を潰す。

ボスニア紛争中、セルビア人男性ルカのもとに、ムスリム人のサバーハが捕虜としてやってくる。
共同生活を送る中で、ルカとサバーハは恋に落ちてしまう。
徴兵に出たあと、敵国に捉えられたルカの息子ミロシュの帰国条件は、サバーハとの人質交換だった。
愛する息子か、サバーハか、ルカに苦渋の選択が迫られる...。

クストリッツアー監督の映画ってば、ホントワクワクするんだよね。
戦争や紛争、内線、人種問題、扱ってるテーマは実はすごく重いんだけど、それをドタバタで見せてしまう。魅せてしまう。
彼の作品にはすごく効果的に動物が登場するんだけど、今回も良かった。
大事なキー(パーソン?)にもなってるロバ、犬、猫、アヒルの親子。可愛くってたまんない。
動物たちがあんな風に演技してくれるの?本当???
相変わらずの音楽も素晴らしい。
郵便屋のおじちゃんもスゴイ可愛かったな~。

でもね、最後、エンディング、「.........??」な感じ。
あえて言いませんが、もうちょっとなあ、ツーカイな感じで終わって欲しかった。
いや、ツーカイだったんだけど、最後の最後で「これはどういう意味?」なシーンが出てきたっていうか...。
どういう意味に取るのかはアナタ次第って感じ。
実話が元になってるそうだから、何とも言えないんだけど。

全国順次公開中だそうだから、是非観に行ってね。

万博。

よーやく行ってきました、愛知万博。
計画も無く突然行った万博は、我々には激しく過酷な所だった...。
企業パビリオンには入れる筈も無く、会場直後にしてすでにどこも2~3時間待ち。一番人気の日立館は7時間待ち...。
炎天下の中、そんなにバカみたいに並べるかっちゅーの。
なので、世界各国の(といっても先進国のパビリオンは並ばなきゃイケナイので、主に発展途上国の)パビリオンという名のお土産屋に入ってプラプラ。
ブルガリアのダンスと、リトアニアのダンスと、インド舞踊とタイ舞踊、ウクライナ音楽の演奏と、ホーミーと馬頭琴の演奏と、フォルクローレバンドの演奏を見ました。

中でも、生ホーミーがね、すっげーの何の!!エミくん激しく感動!
初めて生で聴くホーミーは、ホントに鳥肌もんでしたよ。笛が鳴ってたよ、笛が。
アタシが今までマネっこしてたのは何だったんだ....。ってぐらいビックリした。
演奏もね、曲がすごくカッコ良かった。トルコの軍曲と中国の民族音楽足した感じ。
CD買わなかったのが悔やまれてなりません。
そしてね、これまた初めて見たのが、馬頭琴ならぬアヒル頭琴。ギャー可愛いー!
胴の部分が映ってませんが、背中が丸いマンドリンのような形をしていて、バンジョーにも似た音がするんです。
調べてみた所、アヒル頭琴という楽器は全く持って存在しませんでした。
トプショールという楽器に、白鳥の頭飾りがついているんだそうです。
イイナア、アタシも何かに付けたいなあ。
fufumonngoru.jpg
人気パビリオンには1個も入れなかったけど、冷凍マンモス見られただけ良かったかな。
でもね~、氷漬けで人前にさらされる生首。痛々しくって可愛そうだった。
一万年後にアタシの冷凍生首が見せモンになったら嫌だなあ。
「これが絶滅したニンゲンという過去の生き物かあ。色んな生き物を絶滅に追いやったあげく、同じ種類で殺し合ったそうだよ。まつげが残ってるね~。」なんてね。

うあああ~、ごめんなさい~。
過去のいくつもの命があったからこそアタシは今生きてるんだな。
これからも平和に、そして地球に優しく生きて行く事を誓います~。

万博、残りあと1ヶ月あまり。
アタシはもう2度と行きたくありませんが、行く人は楽しんできてね。
ちゃんと楽しめる人には楽しい所だそうですよ。
ちなみにアタシのお土産は、激しい筋肉痛と足の裏のマメ6個でした。ちゃんちゃん。

スターウォーズ!!

観てきた観てきた!やっと観に行ったよエピソード3。
アナキン、あんなに可愛いかったのにバカな子だよ。不憫な子だよ...。
ヨーダは相変わらずカッコイイ。
アタシのおじいちゃんがヨーダだったら良かったのに。
てか、ヨーダのモデルってば日本人のヨダさんって人だったらしいね?
んじゃあ、ヨダさんがおじいちゃんだったら良かったのに...。違う?

この人とこの人、戦ってるけど生き残るんだもん。アタシ知ってるもん。って思うと、イマイチドキドキ感が薄れるのね。
でもすごくオモシロかったよ。割り符がぴたりぴたり合うってのはこの事か。
それに映画館で観る映画は良いね。
宇宙船が後ろから飛んできたよ。

んでもって驚いたのがチューイの国があったんだね!チューイがいっぱいいたよ!すげー興奮!
ヨーダとチューイはすでに知り合いだったんだね。ふふ~。
毛の生えた生き物に、ついつい過剰反応してしまいます。
イウォーク大好き!!

ケータイ。

ケータイ屋から新しいケータイにしなさいと割引ハガキが来た。
アタシのケータイはGショックの初代のヤツ。古いんです。
「何それ?初めて見た」なんてよく言われる。
勿論カメラなんて付いていない。勿論画像の添付なんてできない。
着うたにも対応してません。
でもすごく気に入ってるのよね~。
だってさ、ガンガン落としても大丈夫なタフネスボディー。
水たまりに落としたって大丈夫な防水仕様(バッテリー外しても、濡れたら色が変わるよシールが付いてません。)
扱いが雑なアタシになんてピッタリなんでしょう!
最近こいつの新しいバージョンが出たんだけども、ゴツいしデカイしイマイチなあ~。
カメラ付きケータイには憧れるけど、au今出てるのって可愛くも何ともないから変えるの嫌なんだよねえ。
なんでニシキゴイにしとかなかったんだ。オレのバカバカ!
そして心躍る可愛いケータイの発売を心待ちにする日々...。
keitai.jpg

愛し愛されて生きるのさ。その2

横浜の友達が「今、川崎の辺りふらふらしてんだけど、BIG RUMBLE来てるんなら飯でもどうかと思って。」と。
ウワーン、すげー嬉しい!
「今年は呼ばれんかったよ。」って言ったら「オレらも。」と。 もう去年の冬から会ってないのかあ。会いたいなあ。遊びたいなあ。
こういうふとした瞬間、愛されてるね~。って思うね。

そんでもってケージ旦那の実家へ。
兄弟家族集まり、甥っ子姪っ子はすでに5人。みんな可愛い。会う度にデカくなってる。
ここにはいつも愛が溢れてるなあ~。

奥さん、発売まであと1週間ですって。

先日、リーダーBAGIさんのご好意で、ONE TRUCK MIND の新譜を頂きました。
すごいすごい!すごい良い!非常~にステキなアルバムです。
正直びっくらこいた。今までのワントラと一味も二味も違うの。
吹っ切れ方が半端じゃないの!!
激しくもあり、メロウだったり、大人だったり子供だったりで、キュンとしちゃったり。
シュガーベイブの名曲(てか、オレたちひょうきん族のエンディングテーマ)、「ダウンタウン」も収録。
すごいなあ~。完成度の高さに脱帽。音もすごくキレイ。
これはもしかするともしかしちゃうかもよっ!?なんて勝手にドキドキしちゃったヨ。

BAGIさん自身、ジャンルが分からないとずっと言ってた。
そうかも。でもジャンルなんてもはやワントラには必要ないのかも。
「オレらの出した回答」って言うのが、わかりすぎるくらい音から伝わってくるもんね。
すごいステキなアルバムだから、いっぱいの人に聴いてもらえるといいね。
気になった人は是非聴いてみてね。

いつかは誰もいなくなって
それでも僕はずっとここにいるよ
この声が君の好きな声さ
ララララララ...

グッときた...。

onetruckmind.jpg
ONE TRUCK MIND / THE WORLD
8/17on sale !!

愛し愛されて生きるのさ。

昨日、美術館行った帰りに何となく友達集まってご飯会。
このメンバー集まるといつも説教大会。
腹を割るっていう見本みたいな人達です。遠慮もへったくれもありゃしない。
あー、みんな愛されてるね~。って思うね、こんな時。

ヤノベケンジ展~キンダガルテン~

友達夫妻と一緒に、豊田市美術館へ「ヤノベケンジ展~キンダガルテン~」を観に行ってきました。

ココ最近メディアへの露出も多いから、知ってる人もいると思うんだけど、アタシがヤノベ氏の作品を知ったのはもう10年以上前のこと。
「ARTEC」というアートとテクノロジーの展覧会でした。
展覧会には2年連続で行ってるんだけど、「TANKING MACHINE」や、「YELLOW SUIT」、初期作品合わせて10個ぐらい見たのかな。本当に衝撃的でした。
「最終戦争後の地球で自分だけ生き残るための道具」たちは、でかくてユーモラスで本当に可愛い。
この人のこと知りたくって、展覧会の図録買おうかと思った程。
当時学生のアタシには高くて買えませんでしたけど。
「この人絶対すごいことになるよ~」って思ったことをすごく覚えてる。
インターネット繋いで初めて検索したのもこの人の名前でした。
当時は何も見つからなかったんだけど...。

展示室に入ってまず驚いたのはジャイアント・トらやんのデカさ!どでっけえ!!デカ過ぎ!!
ちなみに画像に一緒に写ってるケージ旦那の身長は180cmです。
像高7.5Mのジャイアント・トらやんは、10分おきに歌って動きます。(実は火も噴くのです)
ジャイアント・トらやんは子供の命令しか聞かない、子供のための最終兵器です。
可愛いなあ可愛いなあ。でもちょっと怖い(突然動き出した時、近くにいた子供は泣いてました。)。
子供のためだけなんてずるいよっ。アタシだって命令したい!「歌って!踊って!トらやん!」
ああ、なんて神々しい...。

同じフロアにもうひとつ、20世紀の廃棄物で作られたロッキングマンモスはディーゼルエンジンで動きます。
残念ながら動いてる所は見られなかったんだけど、このマンモスを万博に来てる冷凍マンモスが見つかったシベリアの永久凍土に埋めようという計画が万博であったそうです。
1万年後に掘り出して、「これが20世紀か~」ってね。
莫大な予算がかかるから、あえなく中止になったらしい。てか、わざと吹っかけたのかなあ。
そんなわけでヤノベケンジ→押井守になったそうだよ朝日新聞社のパビリオン。
でもそんなコトは関係なく、マンモスプロジェクトは今も進行しているそうだ。

少し前までは自分のための道具を作ってたそうですが、最近は子供のための道具を作るようになったそうです。
展覧会は全部で4フロア。
学芸員の話を聞いたり、フィルム見てたりしてたら、結構な時間になってました。

すっげー良かった。すっげー楽しかったぞー。もう1回観に行きたいなあ。
10月2日までやってるので可能ならばゼヒゼヒ観に行ってください。
そして是非ジャイアント・トらやんの生歌を....!
kindergarten.jpg

鳥はむ。

先日ネットで偶然見つけた「鳥はむ」。鶏の胸肉でハムを作ろう!ってもの。
2ちゃんねるで話題になっていたらしい。
アタシ、2ちゃんってば大嫌いなので、普段全く近寄らないんだけれども、早速作り方を調べて作ってみた。

1. 鶏胸肉に蜂蜜をヌリヌリする。(1枚に対し小さじ1)
2. 塩をジャリジャリすり込む。(1枚に対し小さじ山盛り1以上。ミネラルの入った粗塩などの方がよりGOOD)
3. 粗挽き胡椒、スパイスなどをまんべんなく振る。(1枚に対し小さじ1。スパイスはクレイジーソルトでも可)
4. ジップロックなどに入れ、完全に空気を抜いて密閉し、冷蔵庫に2日間寝かせる。

5. 軽く水洗いした肉を、30分~1時間水に浸して塩を抜く。
6. 肉が浸る程度の水を鍋に入れ沸騰させる。
  肉を鍋に入れ、再沸騰したら火を止め、フタをして冷めるまで(6~8時間)放置。
  この時期、冷蔵庫に入れておいた方が良いでしょう。

すっごい簡単でしょ~。しかもこれがまた美味しいの!
鶏の胸肉なんて、バンバンジーぐらいにしか使ってなかったんだけども、ハムが自分で作れるなんてこれは楽しいぞ。
サラダやサンドイッチ、今の時期だと冷やし中華にも使えるしね。
まとめて作って冷凍保存しておくとすごく便利。
茹で汁は鶏ガラスープだからイロイロ使えて、ムダがありません。
市販のハムは、いわば保存料や着色料、ケミカルの固まりみたいなもんだからさ、自分で作れば安心安心。
アタシは\38/100gの時にまとめ買いして、4~5枚いっぺんに作ってます。
皮の部分は好みで取ってしまっても良いのだけれど、鶏皮大好きなアタシは出来てから皮の部分だけめくって食べちゃいます。
ぷるぷるで美味~い!!

「エミくん美味いぞ!うん。美味いぞ!」
ケージ旦那のつまみ食いも止まりません。ついでにビールも止まりません。

これは久々にヒットだわあ。
奥様方、ゼヒお試しあれ~。
プロフィール

ランチガール

Author:ランチガール
*****************

Ranch Girl in the kitchen

子供服みたいな大人服。
大人も欲しくなる子供服。

ヴィンテージの生地やボタンを使ったりして1枚1枚手作りしています。
不定期でWEBSHOPで販売しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。